超高真空低温走査トンネル顕微鏡(STM)使用公募 【学内限定】

2016年04月25日

原子分子材料科学高等研究機構(AIMR) 小谷元子

超高真空低温走査トンネル顕微鏡(STM)使用公募

 

 このたび原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)において、高性能の超高真空低温走査トンネル顕微鏡(STM)の使用を学内に公募することにいたしました。装置および公募の概要は下記1の通りです。応募を希望されるかたは、下記2の申込書を5月15日までに、原子分子材料科学高等研究機構事務部門長あてにご提出ください。なお、ご質問につきましては、同事務部門長が対応いたします。

1 実験装置と公募の概要

  1. 装置名:超高真空低温走査トンネル顕微鏡(STM)(ユニソク社USM1300を改良した装置)
  2. 性能:4KにてSTM測定可能(液体ヘリウム容量:100リットル)磁場7TにてSTM測定可能
  3. 留意事項:
      A. 本装置は原則として、当機構との連携のもとにご使用いただくことになります。
          ただし、実験操作は申込者側が行います。
      B. 研究提案内容によっては、パルスレーザー堆積法(PLD)装置の使用も可能とします。
      C. 装置の使用開始時において、ご希望により当該装置のAIMRにおける経験者の支援、
          または共同研究を調整させて頂きます。
  4. 経費:液体ヘリウムや探針など消耗品の経費は使用者にてご負担をお願いします。
  5. 評価:研究期間終了後に成果の評価を行います。

2 使用申込書記載事項(書式自由)

  • 申込者 氏名(複数研究室にわたる場合は、代表者を筆頭に連名)・所属
  • 連絡先電話・メールアドレス・使用予定期間(平成28年6月以降でお願いします。)
  • 研究概要(2,3行程度で結構です。)
  • PLD装置併用希望の有無・経験者の支援、または共同研究の希望

問い合わせ先

東北大学原子分子材料科学高等研究機構(AIMR) 事務部門長

TEL : 022-217-5965
E-MAIL : tsukada[at]wpi-aimr.tohoku.ac.jp([at]を@に変換してください。)