所長メッセージ

ようこそAIMRへ

AIMRは、文部科学省の「世界トップレベル研究拠点形成」プログラムの支援を受けて2007年に設立されました。このプログラムの目的は、世界の舞台で認知され、頭脳循環のハブとして機能する研究拠点を日本の中に作ることにあります。そのため、「最先端科学の推進」、「国際化」、「システム改革」、「融合研究による新しい研究領域の開発」の4つをミッションとしています。

AIMRは、東北大学が強みを有する材料科学の伝統の基に世界中から意欲的で卓越した研究者が集結し、設立以来、素晴らしい成果をあげてきました。更に2011年には、「数学-材料科学連携」によって材料科学にブレークスルーをもたらすという大きな挑戦を提案しました。その実現のため、異なる背景の研究者ができる限り触れあい、お互いを刺激する機会を設けています。そして、メンバーが質の高い研究に専念し、またより広い視野を持てるような研究環境を提供しています。今、材料科学の新領域を切り開こうと挑戦を続けるAIMRで、皆さんが研究を楽しまれることを心より期待しています。

東北大学材料科学高等研究所(AIMR)
所長 折茂慎一