知的財産(特許等)について

1.特許等出願手続

特許等出願を検討されている場合は下記までお問い合わせください。担当者が詳細な手続きについて説明いたします。

問い合わせ先
産学連携推進本部知的財産部

TEL : 022-217-6031, 6032, 6033
FAX : 022-217-6047
E-MAIL : chizaibu@rpip.tohoku.ac.jp

具体的な手続きは下記知的財産部HP並びに知財マニュアルを参照ください。

2.知的財産セミナー、特許相談会

本学における知的財産の管理・手続について教職員の皆様の理解を更に深めていただくため、知的財産セミナーを年数回開催しております。
また、特許権の取得について専門的知識をもった相談員(弁理士)による「特許相談会」を定期的に開催しております。

詳細については東北大学産学連携推進本部知的財産部HPをご覧ください。

参考

発明は本来、発明をなした研究者等に帰属するものですが、東北大学AIMRの研究者が東北大学の資金、施設、設備その他インフラを使用して行った 研究により知的財産権の対象となる発明が生じたとき、職務発明とみなして、東北大学はその知的財産権を承継することとし、知的財産権は研究者等から東北大学に譲渡され、機関帰属となります。(ただし、大学が認めるときは、知的財産権を発明者に帰属させることもあります。)
機関帰属により、知的財産は一括管理され、組織対組織による合理的で対等な立場で大学の知的財産の利用を促進します。また、機関帰属となった知的財産を核 として、多様な産学連携の企画推進が可能となり、産学連携の実効を高めることが可能となります。また、知財管理業務を一元化することにより、教員の教育・ 研究の時間を確保することをねらいとしています。