2020年度 冬季の節電について

エネルギーモニタリング月報

AIMRの節電目標

  • 片平団地の契約電力を超過しないことを目標とする。
  • 教育研究活動への影響を極力回避した無理のない形で取り組む。
  • 取組みに当たっては、健康被害に対して配慮を行う。

節電期間

  • 2020年12月1日〜2021年3月31日

具体的取り組み

節電対策の徹底

共有部分については、研究支援部門において本学の節電方針に従った対策を実施します。
各研究室においては、省エネルギー点検表に記載の節電対策を徹底し、毎月結果を安全衛生管理室に報告してください。
なお、報告内容により各研究室にヒアリングを行う場合があります。

電力監視

環境安全推進課において東北大学電力モニタリングシステム(新しいタブで開きます)により、片平団地全体の使用電力を監視します。
契約電力を超える恐れが生じた場合は、以下の措置により使用電力の削減を図ります。

  • 共通部分の消灯(15kW削減見込み)
  • 共通部分の給湯器停止(8kW削減⾒込み)
  • 本館外調機一部運転停止(3台のうち2台を停止し11kW削減見込み)
  • 本館エレベーター1機を停止(4kW削減見込み)
  • 運転停止可能な実験機器リストに基づき、実験機器を停止
  • 各研究室へ以下項⽬の実施を要請
     * 一般空調の停止
     * 電気式補助暖房機器停止
     * 照明器具消灯(業務に支障のない範囲で)
     * 電気ポット・コーヒーメーカー等停止

参考

省エネ効果

本館事務室で1年間昼休み消灯を実施した場合、316.8kWhの削減となります。これは料金に換算すると5,734円の経費削減となります。これを19研究室で実施すると、6,019kWh(108,943円)の削減となります。

  • 0.088kW × 照明器具15台 × 1時間 × 平日240日 = 316.8kW
  • 1kWh = 18.10円(令和2年度私費単価)

各種様式・通知

過去のデータ