AIMR研究者の声

「英語サポートによるアメリカと変わらない研究生活」

Winfried Teizer

AIMR若手主任研究者
兼 テキサスA&M大学主任研究者

充実した研究サポート

AIMRは、世界の研究者に対して日本の研究環境を開いていこうと、非常に真剣に取り組んでいる新しくユニークな研究組織です。この機構の研究者は日本の他の研究機関に属している研究者よりも容易に生活できるようになっていますが、それは日本語と英語を話すバイリンガルのスタッフが多くいて、コミュニケーションをとりながら研究者が必要とするあらゆるサポートをしてくれることによります。

積極的な国際交流

ヨーロッパやアメリカは交流が盛んで多くの人が頻繁に行き来しています。そして、その交流によって多くの恩恵を受けています。日本は歴史的にこのような交流をあまり積極的に行ってこなかったため、世界の舞台からやや孤立している状態でした。AIMRは、日本が真にそのような国際交流の舞台に加わる原動力となっています。

仙台という街の魅力

仙台は大好きです。日本の人たちは「杜の都」と呼んでいますが、天を覆い隠すくらいに葉の茂った壮観な小道を歩くのは、日本においても他の都市では味わえない醍醐味です。

「驚くほど高い融合研究へのモチベーション」

小布施 祈織

AIMR数学ユニット 助教

数学者から見たAIMRの印象

材料科学には研究対象として、非常に豊かな現象が無数に存在します。一方、数学はそれらの現象の理想化を繰り返した上でのほんの一握りの問題を対象とすることしかできないというのが一般的な認識です。それ故、材料科学と数学の融合という世界的にもまれなAIMRでの試みは、一見無謀に思われるかもしれません。しかしAIMRでは、材料科学者と数学者が互いの研究方法や目的意識の持ち方について積極的に意見を出し合い、ブレイクスルーを目指した研究を着々と進めています。このことは、AIMR所属の私にとっても大きな驚きであると言わざるを得ません。また数学には物理的問題から発展した分野も存在しますが、そのような新たな分野における研究の活路を切り開くこともAIMRでは可能ではないかと期待しています。

AIMRの研究サポート

AIMRに来て最も驚きかつありがたく感じているのが、事務サイドと研究者サイドとをつなぐポジションのスタッフの存在です。事務サイドに上手く伝えられない意見や要望を理解してもらいやすく、非常にスムーズな研究生活をすごすことができます。また、彼らはAIMR全体の研究状況を把握しているので、新たな共同研究先に迷ったりしたときに気軽に相談できる点も心強いサポートとなっています。もちろんAIMR全体のスタッフが異分野融合研究を推進しようという強い意識を持っており、セミナーをはじめとする様々な試みにきめ細かいサポートをしてくれることも特筆すべきことです。

仙台という街

仙台は小さいですが、日常生活、文化芸術、自然、などが全てそろった美しい街です。古い建造物や素晴らしい工芸品は伝統と品格を感じさせ、日々の生活に潤いをもたらしてくれます。また初夏の青葉山の美しさは格別ですし、杉木立に囲まれた荘厳な小道にも心を奪われます。人々が温かく親切であり、困ったことがあるとすぐに助けてくれるのも、仙台の素晴らしいところです。