ソフトマテリアルグループ 機能性分子材料研究室(Prassides研究室)ポスドク募集

  東北大学材料科学高等研究所(AIMR)機能性分子材料研究室(Prassides研究室)の主要な研究は、超伝導体、量子スピン液体を含む磁性体などの新規機能性分子材料の創成です。本研究は国内外で大きな注目を集めており、研究成果が著名な科学雑誌に掲載されてきました。(代表的な論文:Nature Materials 2008, 7, 367; Science 2009, 323, 1585; Nature 2010, 466, 221; Nature Communications 2012, 3, 912; Science Advances 2015, 1, e1500059; Nature Communications 2017, 8, 14467; Nature Chemistry 2017, 9, 635; Nature Chemistry 2017, 9, 644)。

  当研究室では、C60や多環芳香族炭化水素(PAH)といった分子成分を基本とした磁性体や新規超伝導材料を研究対象とし、合成から物性評価まで一貫して進めています。
経験よりもやる気を重視しますが、以下のいずれかの専門知識と技術を有している方は、迅速に研究を開始することができます。

・分子を基盤とした機能性材料の合成と構造解析(化学系の博士課程卒業)
・固体物質の電気的/磁気的特性評価(物理系の博士課程卒業)

  放射光をはじめとする国内外の実験施設や、所属の装置を最大限に活用して積極的に研究を推進していただきます。また、他の研究グループや専門家と協働で研究を行うことも期待されます。

募集要項

求人人員 機能性分子材料研究室(Prassides研究室)ポスドク1名
着任時期 2018年4月1日
応募締切 採用者が決定するまで継続
研究分野 材料化学、物性II
応募資格 以下のいずれかの条件に当てはまる方
  1. 英語で研究活動が行えること
  2. 充分なコミュニケーション能力を有し、研究発表及び論文執筆の能力があること
  3. 独立して研究活動を行うことができ、かつ、チーム内でも協力して研究ができること

雇用形態
  1. 常勤
  2. 給与:東北大学の規定による
  3. 勤務地:東北大学材料科学高等研究所(AIMR)(東北大学片平キャンパス 仙台市青葉区片平2-1-1)

【任期】1年(1年ごとに契約し、双方の合意・継続予算・大学の規定により契約更新の可能性あり。ポスドクの場合、通常、採用後3年まで更新可)
提出書類
  1. 履歴書(業績リストを含む)
  2. これまでの実験や業績の概要と、現在および今後の研究計画(A4用紙3~5枚程度)
  3. 照会可能な方2~3名の氏名および連絡先

※応募書類は、選考の目的以外には使用致しません。また、返却は致しません。
提出方法 上記書類をPDFにし、下記提出先へ電子メールにてご提出下さい。
提出先 k.prassides@wpi-aimr.tohoku.ac.jp(Kosmas Prassides教授)

問い合わせ先

Kosmas Prassides(コスマス・プラシデス)
東北大学材料科学高等研究所(AIMR)教授

E-mail : k.prassides@wpi-aimr.tohoku.ac.jp